タイピングを短期間で身につけよう!在宅ワークやSOHOにも活かせるキーボードの早打ちをマスター

ホーム|ホームページ作成|タッチタイピング|オンラインゲーム|サイトマップ

ここでは、タッチタイピングについて解説していこうと思います。
タッチタイピングはパソコンを快適に使いこなすのに、絶対に欠かせないスキルだと思うんですね。
インターネットをするにしてもメールやソフトを使うにしても、キーボードは必ず使わなければなりませんから。
データ入力やSOHOなどの在宅ワークにも役立つと思うので、今のうちに身につけておきましょう!

管理人のタッチタイピングはどの程度?

一分間にだいたい300文字は打てるので、打鍵数にすると1秒間に10打ぐらいのスピードで打てます。
タッチタイピングのランキングはあまりにもレベルが高いので、上位にはなれませんが・・・(;^_^A
ここまでのスピードになるにはある程度の練習が必要になりますが、キーボードを見ないで打てるようになったのは本格的に練習しはじめてから、たったの一週間後のことです。


タッチタイピングを途中で挫折してしまう人は、基本のホームポジションを勝手に崩したり、打てないからといって手元を見たりしてしまうことが原因だと思います。基本を崩さずに忠実に練習すれば、誰でも簡単に身につけることができるんです。僕みたいに一週間で・・・いや、もっと短い時間で身につけられると思いますよ!




タッチタイピングの練習に使用した(今も使用している)ソフトはこれ!
■特 打[市販ソフト]
僕がタッチタイピングを始めるきっかけになったソフトです。
ホームポジションや指の運び方など、初心者にも分かりやすいチュートリアルがついているので、とても参考になりました。まずはこのタイピングソフトで練習するのが一番だと思います。僕みたいに一週間もあれば、すぐ出来るようになると思います。
市販ソフトなのでお金はかかりますが、安いし長く使えるので絶対にお薦めです。
iconicon ■ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2003[市販ソフト]
特打は初心者の練習ソフトという感じですが、こちらは中級者〜上級者向け。
最近はほとんどこれで練習しているのですが、ある程度打てるようになったら最終的にはこのソフトを使うのがいいと思います。
通常のソフトだと、自分のレベルを評価するランクが級までしかないのですが、これはセガ認定の段まであるのでステップアップがしやすいからです。
チュートリアルも丁寧ですし順を追って練習が出来るので、タイピングスピードが自然とあがって行くと思います。ぼくもこのソフトでかなり速く打てるようになりました。タモリのジャングルテレビのタイピングチャンピオンで使用していたソフトもこれですね。
2004年版の発売が近いので、割引されているみたいです。 2004年度版はこちら icon
GANGAS Type well Fan ■タイプウェル[フリーソフト]
言わずと知れたタイピングソフトの定番です。フリーウェアなので無料でダウンロードでき、サイト上で公開されるランキングに参加できます。ひらがな・カタカナはもちろん、憲法などの長文もあり、タイピング練習はほとんどカバーできると思います。
ちなみに僕はタイプウェル国語Rで702位(1年前のタイム)あたりにいます。
美佳タイプ ■美佳タイプトレーナー[フリーソフト]
今村二郎という方が作成したタッチタイピング基本練習ソフト。無料です。
シンプルなつくりで初心者から上級者まで幅広く対応していると思います。ローマ字、数字、英単語、ランダムなどのモードがあり、長く使えるタイピングソフトです。
ゲーム性が低いので、すぐに飽きてしまうという難点はありますが練習にはいいです。
Ozawa-ken ■Ozawa-ken[フリーソフト]
実写版の格闘タイピングソフト。
文章よりも1つ1つのキータッチの練習に向いているソフトです。正確なホームポジションを身につけたり反応速度を鍛えるには最高のフリーソフトだと思います。自分の最高記録に応じて右のような称号を貰えるので、飽きずに続けられるのも魅力です。

まずはビギナーモードでホームポジションを身につける

お金がかからない点ではフリーソフトは魅力的ですが、フリーのタイピングソフトはすでにタイピングをマスターしている人が楽しむものとして作られている場合が多いです。基本的な部分をきっちり身につけるためには、少しお金を出してでも市販のソフトの方がいいと思います。


市販ソフトは必ず初心者向けのチュートリアルがついています。まずはこれで練習しましょう!
途中で挫折してしまった人は、手元をつい見てしまったり、正確なホームポジションだと打ちづらいからと言って自分流のタイピングフォームに変えてしまったりすることが原因だと思います。特に自分流のタイピングに変えた場合、ある程度までは速く打てるようにはなりますが、必ず限界がきます。


市販ソフトの場合はゲームになっている場合が多いので、少し感覚が分かっただけですぐにゲームモードで遊んでしまうことが多いと思います。でもきちんとしたタッチタイピングの形になるまでは、ひたすらチュートリアルに従って何度も繰り返し練習するのがベストです。




速く打とうとしないこと!

手元を見なくても打てるようになってきたら、あとは練習回数を積むことで自然となれてきます。
この時に注意することは、「速く打とうと意識しないこと」。基本が身についたばかりの時は、まだキーの位置を頭で覚えている状態のはずです。このときに速く打とうとするとせっかく覚えたフォームが崩れていしまいます。


頭で覚えている状態の時は、ゆっくりでもいいのでたくさんの文字を打つの方がいいです。慣れて来ると、頭で覚えていたキーの位置をカラダで覚えるようになります。例えば文章で良く出てくるのが「しました」という言葉。
頭で覚えているうちは「si」「ma」「si」「ta」と言うように、一文字ずつ区切って考えるせいで速く打てません。でも手元を見ないことを守って練習していると、自然と「simasita」という一連の流れをカラダで覚えます。


なので、焦らず経験をつむことです。体で覚えた単語が増えれば増えるほど、文章を打てるスピードも気づかないうちにあがりますから。無料ソフトならたくさんのユーザーランキングがあって自然と練習にも熱が入るので、短期間でレベルアップするにはピッタリだと思います。チャットに参加するのもお薦めです♪




商工会議所の公式検定にチャレンジ!

あまり知られていないのですが、商工会議所の公式検定に「キータッチ2000」というものがあります。
これは、ランダムで並んでいる文字を10分間で何文字打てたかでランクが与えられます。しかも2000文字を時間内に打ちきると、公認資格である「ゴールドホルダー」という称号まで貰えてしまうのです。


この資格がお薦めの理由は、知名度がとても低いからです。
聞いた話では、企業の面接の際にこの資格を履歴書に書いておくと、話題に上がりやすくて有利になる場合もあるそうです。転職を考えている方やこれから就職活動の学生さんには、かなりお薦めの検定です。
無料ソフトで検定の練習も出来るので、もし興味があったらチャレンジしてみるといいと思います。


キーボード操作技能認定試験(商工会議所の公式サイト)へ







▲このページのトップへ





アンケートで金持ちになろう!ホームへ|便利なオンラインショップ


ホーム|オンラインショップ|お役立ち|新感覚チャット|無料レンタル|ネットショップを開こう!|サイトマップ




Click Here!

Yahoo!BBにも掲載された話題のチャット

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO