モニター募集や座談会情報、オフラインモニターなど市場調査(マーケティング)に関する交流を深めよう!

ホーム|ネットリサーチ(全国版)|オフラインモニター|女性向けモニター|雑誌マスコミモニター|サイトマップ

懸賞・広告メールなどお得なお小遣い情報のページ

【コツ1】インターネットや雑誌・フリーペーパーをコマメにチェックしよう

インターネット上には登録制のアンケートサイトが数多くあります。
そうした登録制のサイトのメンバーになっておけば、メールで依頼がくるので一番のオススメです。
また、企業のホームページを定期的にチェックするのも忘れないようにしましょう!
単発でモニターを募集していることが結構多いので、「これは!」と思ったら応募するといいと思います。


あとは雑誌やフリーペーパーには出来るだけ目を通すようにするのもポイントですね♪
とくに新しく創刊された雑誌なんかは、読者モニターの募集がかなりの確率で掲載されていますよ。





【コツ2】属性を定期的に更新しよう

リサーチ会社のインターネットメンバーに登録したら、ほったらかしにしていませんか?
企業は常に新しい情報を求めているので、属性が新しければ新しい程、意欲あるモニターだと判断します。
なので、新しいことに興味を持つようになったり、好きなことが増えたりしたら属性を更新しましょう!


モニターに採用されるためには、いろいろなことに興味を持って常にアンテナを張り巡らせておくことが大切。
テレビも何気なく見るのではなくCMよーく見てみたり、街の看板に目を向けてみたり・・・。
これはモニターに限らず、知識や趣味・興味が増えるということは、人間的にも成長できますからね♪




【コツ3】応募文では熱意をアピール

新聞や雑誌などのメディアに関するものや、行政や企業のモニターなどは必ず応募文というのがあります。
モニターに採用されるには、この応募文でいかに自分をアピールできるかにかかっています。
文章力が上手なのに越したことはですけど、それ以上に自分がこれだけ興味がある!ということを
強くアピールすることが採用される秘訣だと僕は考えています。


とくにオンラインでの事前アンケートなどの場合、記述欄に一行しか書かなかったり未記入という方も
多いと思います。でも事前調査の記述文は、実は応募文と同じ役割をしているんです。
企業は熱意あるモニターの声を聞きたいと思っているのですから、応募の際はやる気をアピールです!




【コツ4】リクルーターさんと親しくなる

リクルーターというのは、調査対象者を探す調査員のことです。
調査会社のリクルーターさんもいれば、個人で行っているリクルーターさんもいます。


そうしたリクルーターさんとの付き合いを大事にして、コマメに連絡を取るのもモニターに参加するコツです。
とくに個人のリクルーターさんの場合は、いろんなモニター情報を提供してくれるので嬉しいです。
ちなみに僕にも知合いのリクルーターさんがいて、属性に合えば優先的にモニターを依頼してもらってます♪


それだけじゃありません。映画の話や恋愛の話など、モニターに直接関係のない話題でも盛り上がれる
友達のような仲にまでなれちゃうんですから(^-^)
リクルーターさんと知合う機会があったら、ぜひ仲良くなって末永い付き合いをして頂きたいです。






モニター応募についてアンケートで金持ちになろう!ホームへ|モニターや座談会の疑問


ホーム|ネットリサーチ(全国版)|オフラインモニター|女性向けモニター|雑誌マスコミモニター|サイトマップ




Click Here!

Yahoo!BBにも掲載された話題のチャット

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO